NPOぱれっと

渋谷区障害者週間イベント 「SHIBUYA FACTORY 428/294(シブヤ×フクシ」

お知らせ

コロナ禍で数々のイベントが中止や延期に追い込まれる中、恒例の「渋谷区障害者週間」も様変わりをしています。

さぞかし窮屈な形に変わっているのであろう・・・・と思いきや、まったくその逆(*´▽`*)。

むしろ何やら、より面白いことになっております。

シブヤフォントの企画運営を担う、「フクフクプラス」。

この12月に仕掛けるイベントは

 

「SHIBUYA FACTORY 428/294」。

https://shibuya-factory.jp/

 

公式サイトには

 

《シブヤ×フクシだからできる未来》と題して

今、全国で福祉施設におけるモノづくりが広がっています。障がいのある人のアートを使った商品づくり、最先端のデジタルファブリケーション(※1)を活用したお土産づくりなど、セクターを越えた連携が生まれています。2016年度より始まった渋谷区事業「シブヤフォント」(※2)は300種以上の商品に採用され、今なおその連携が広がっています。そして、世界とのコラボレーション、先端テクノロジーと掛け合わせるなど、新たなモノづくりへと発展しようとしています。「SHIBUYA FACTORY 428/294(シブヤファクトリー シブヤ/フクシ」では、その活動の一端を紹介するとともに、未来に向けた一歩を皆さま共に見出したいと思います。

 

という記事が掲載されています。

※1デジタルファブリケーション

レーザーカッターや3Dプリンタなどの、コンピュータと接続されたデジタル工作機械によって、3DCGなどのデジタルデータを木材、アクリルなどのさまざまな素材から切り出し、成形する技術。

※2シブヤフォント

障がいのある人の文字や絵を、デザインを学ぶ学生がフォントやパターンにする取り組み、200種以上のデータを渋谷区公認のパブリックデータとして、さまざまな活用を広げています。

 

わがぱれっとも12月6日のシブヤフォントプレゼンテーションに参加します。

お申込みはこちら

 

盛り沢山の14日間、お見逃しなく!!